ここ数ヶ月、みなさんが興味を持たれている新発売の水素発生剤タイプ水素水です。

セブンウォーター(水素濃度 7.0ppm)※水素発生剤タイプ

この商品をおすすめする理由!!
最近になってから、なぜ、水素発生剤タイプの水素水が支持されはじめているのでしょうか。
一番気になるのは、水素濃度ですよね。水素発生剤タイプの水素水は、パッケージ製品よりも、優れていると言われています。パッケージ製品の場合、水素濃度1.2-1.6ppmぐらいですでに高濃度と言われています。さらに、一ヶ月分とかが箱入っているとかさばりますし重いです。しかも、一般の清涼飲料水とかと違って、早めに飲まなければ充填されている水素が抜けてしまいます。
これらの悩みを解決するのが、水素発生剤タイプです。飲みたい時に高濃度の水素水が作れるのですから。デメリットと言えば、自分で作る手間と持ち運びの際にボトルがデザインされていないので、外出先で飲む時に手作り感があって、あまりかっこよくないという事ぐらいです。でも、実際は、自分で作る手間ってそんなでもなくとても簡単です。

商品の紹介

セブンウォーター(水素濃度 7.0ppm)※水素発生剤タイプ

水素の濃度の限界は、通常の気圧では1.6ppmなのですが、水素発生剤から出る水素でボトルの中の圧力が上がり、最終的には、7.0ppmの高濃度水素水になるというしくみです。

早速、定期セットを購入して水素水を作ってみました。水素水ができた時、ペットボトルのキャップを回した瞬間に、「プシュ」っと炭酸飲料のように気体が放出するのがわかります。

また、水素は目に見えるものではないので、セットの内容の中に、水素濃度が確かめられる「溶存水素判定試薬」も入っております。これをセットに入れるぐらいだから、商品にかなりの自信があるんだとおもいます。




私の感想

セブンウォーター(水素濃度 7.0ppm)※水素発生剤タイプ

水素発生剤タイプの水素水では、後発のこの商品ですが、他の商品に負けていない感じがします。ライバル商品である水素水7.0ppmと大変似ているのですが、手間としては、発生剤をボトルに入れるだけなので、こちらの商品の方が簡単に作れる印象です。また、パッケージ商品だと、届いたら早く飲まなければという焦りがあるのですが、使用前の水素発生剤の場合、月日がたっても発生機能がなくなるわけではないので、いわゆる賞味期限が長いというのも水素発生剤タイプのメリットかもしれません。
作り方はとても簡単で、私の場合は、セットにあるボトルにウォーターサーバーの水を注ぎます。この時に、ボトル内に空気を残さないように一杯に入れます。そして、水素発生剤を入れて24時間待ちます。そうする事によって最高濃度の7.0ppmに達します。
感覚的には、水で溶かすティーバッグのお茶のような感覚です。

付属のペットボトルは、2本あるので、1つは、一日目で、もう1つは、2日目と交互に作って飲むを繰り返す事ができます。また、自宅用と会社用としてもいいかもしれません。 毎日作るというのは、ある意味面倒であったりするのですが、健康のためと思えば大した作業ではないと思います。最近では、寝る前に水素水を作って冷やすというのが習慣になっています。

飲み始めてからなのか、便秘ぎみのお腹が動くようになりました。腸の調子がよくなったせいか、お肌の調子もよいです。旦那は、脂質やコレステロールに悩んでいるため、続ける事により、次の健康診断でパスすると言って、はりきっています。身体の内側から、じわじわと健康をもたらしてくれる感じがします。高濃度の水素水ならではなのか。他の商品より効果を感じます。寝起きもよくなりましたし、疲れにくくなったようも思います。

最近では、水分補給は、朝のコーヒー以外は、ほぼ水素水になった生活で、無駄な清涼飲料水を飲まなったのもよい事だと思ったます。水をたくさん飲む事は、デトックス効果にも繋がるし、身体、特にお肌は水分を欲していますので、今後の美容面、健康面でも安心して続けられそうです。

セブンウォーターの公式サイトはこちらです。
最近、水素発生剤タイプで人気急上昇中です。活性酸素除去の習慣を!!


注文してから商品が届くまで

セブンウォーターのスターターセットは、水素発生剤が30包、専用耐圧ペットボトル2本とキャップが5個(なくしやすいので予備が入ってます)、溶存水素濃度判定試薬が1個、定価7,452円のところ6,048円(税込・送料込み)で購入しました。

セブンウォーター(水素濃度 7.0ppm)※水素発生剤タイプ
お届け時は、このようなおしゃれな箱に入って宅配便で届けられます。
しばらく、箱が必要なので、箱がおしゃれなのはありがたいです。

セブンウォーター(水素濃度 7.0ppm)※水素発生剤タイプ
中身は、このような感じになっています。

セブンウォーター(水素濃度 7.0ppm)※水素発生剤タイプ
肝心な水素発生剤は、このように入ってます。(30包)

セブンウォーター(水素濃度 7.0ppm)※水素発生剤タイプ
水素水の作り方は簡単。同封の解説書に分かりやすく書いてあります。


実際に作ってみました

セブンウォーター(水素濃度 7.0ppm)※水素発生剤タイプ
まずは、専用のペットボトルを流水で軽く洗った後に、お水をペットボトルに飲みくちのところまで入れます。うちでは、ウォーターサーバーのお水を入れています。なので最初から冷えています。

セブンウォーター(水素濃度 7.0ppm)※水素発生剤タイプ
スティック状に梱包されている「セブンウォーター」を取り出します。
中には、水素発生剤の白い筒が入っています。

セブンウォーター(水素濃度 7.0ppm)※水素発生剤タイプ
水素発生剤を一杯に入れた水の中に入れます。

セブンウォーター(水素濃度 7.0ppm)※水素発生剤タイプ
お水の入ったペットボトルに入れてキャップをしっかり閉めます。常温の方が水素が発生するそうなので、このまま24時間待ちます。

セブンウォーター(水素濃度 7.0ppm)※水素発生剤タイプ
24時間後、一杯に入れた水の上に水素ガスが溜まっている事を確認。

発生が完了したら、左右180度にすばやく約30秒間手首を回して振ります。

セブンウォーター(水素濃度 7.0ppm)※水素発生剤タイプ
これで完成です。グラスの上から写真を撮ってみましたが、このように、気泡が沢山あるのがわかります。炭酸と違ってきめ細かい泡です。水素が沢山入っているのが見てわかります。この手順だと約7.0ppmの水素濃度になるそうです。

価格について

■セブンウォーター(定期購入のみ)
セブンウォーター(30包)
(スターターセット)
初回限定
7,452円→6,048円
(税込・送料込み)
2回目以降 5,832円(税込・送料込み)

定期購入のみですが、単発購入を希望の場合は、サイトマイページにて、その旨を記載して、2回目をすぐにキャンセルする事も可能です。



セブンウォーターの公式サイトはこちらです。
最近、水素発生剤タイプで人気急上昇中です。活性酸素除去の習慣を!!

このページの先頭へ