そもそも水素水って何?

そもそも水素水って何?

「水素水」とは、水素分子(水素ガス)を多く含む水の事を言います。
近年、国内外で多くの人に愛飲されている理由は、水素の働きにより優れた抗酸化作用があるという事が発表されているからです。

抗酸化作用とは、体内の活性酸素を抑える作用です。

水素自体は、無味無臭で無害である事が証明されています。 その水素という最も軽く最も小さい元素が水の中に溶存させる事により、脳を含めた全身に抗酸化作用を発揮するとされており、抗酸化作用を持つ物質の中でも水素水は特に優れたものであるとされています。

しかし、水素はとても放散しやすい物質という問題があり、水中にいつまでも溶けた状態を維持し続ける事は難しいとされていました。

しかし、最近では、消費者が水素濃度を維持した状態で飲む事のできる生産方法が確立され、様々な形態にて販売されるようになりました。

水素水の商品には、アルミパウチ、スティック、アルミ缶、ウォーターサーバタイプ、タブレットタイプとあり、それぞれ、コスト、水素含有量、元となるの水等が異なり、飲む方の生活スタイルによって選ばれるのがよいかと思います

選ぶポイントとしては、商品に含まれている水素の量がもっとも重要になります。
酸化還元電位は水素以外の影響を大きく受けるため、あくまで目安とするのがよいとされています。
パッケージによって水素水の容量も異なるので、一概に価格だけで判断せずにトータルで検討した方がよいかと思います。

また、飲み方にも注意が必要です。せっかく水素含有量を多く含む商品なのに、飲み方によっては、水素が放散されてしまった状態で飲んでいては水素水の意味がないため、商品の注意書きは、必ず読んでから飲むようにしてください。

 

いろいろなメディアに取り上げられている水素水の効果。
なかでもテレビ番組に取り上げられたものがYouTubeにアップされているのでまとめてみました。





管理人おすすめのアルミパウチ水素水は…

このページの先頭へ