水素水サーバーの紹介

水素水を飲む習慣を続けていると、やはりコストパフォーマンスが気になってしまいます。
最近では、水素水サーバーを購入して、飲まれている方も増えているようです。
当サイトでは、市販されている人気の水素水サーバーを紹介いたします。

各メーカーからさまざまな種類の水素水サーバーが販売されています。値段も特長もかなり異なりますので、選ぶポイントとしては、初期費用を考慮した上で、ご自分の生活スタイルにおいてもっとも効率的に高濃度の水素水を飲める製品を選んでいただく事だと思います。

水素水サーバー SOMA

水素水サーバー SOMA

  • 水素水サーバーは長期的に水素水を飲む人の為に開発されました。 持ち運びもできて、オフィスや家庭でも愛用されています。
    ・特徴 1:水道水でもO.K.!
    ・特徴 2:コンパクト&スタイルッシュ
    ・特徴 3:お財布に優しい!

    水素水は、1日約1リットルをこまめに飲むのが理想です。パック入りやボトルの水素水は持ち運びに 便利ですが、1回封を開けて酸素に触れてしまうと徐々に水素が抜けてしまいます。1日約1リットル 飲むと長期的に考えてかなりのコストがかかります。 そこで目を向けて欲しいのが水素サーバーSOMA。 自分で気軽に水素水を作って維持費を削減しませんか?
  • SOMAの水素量:522ppb
  • お客様の声
    私は全身性エリテマトーデスという持病があるので、体に良いという事は何でもしております。 水素水の良さはネットでいろいろ調べて知りました。それからは私は毎日マメに水素水を飲むようになり良さを実感しております。 SOMAの良い所は、スイッチを押して3分で新鮮な水素水が作れる所です。 いつでも手軽に新鮮な水素水を飲めるので、愛犬にも飲ませて、家族みんなで重宝しております。
  • 価格:98,000(税込み)※送料無料
高濃度水素水サーバー・アキュエラブルー

高濃度水素水サーバー・アキュエラブルー

  • 世界初の国際特許技術により中性で1.6ppmを実現してます。
    一般の電気分解式水素水サーバーは、水素水とpH値をコントロールする事が出来ないため、1.6ppmの飽和量まで水素を増やす為に電流を上げると、強アルカリ性となるため飲めるレベルではありませんでした。アキュエラ・ブルーは特許電解技術により、pH値を人体の生体水と同等の中性領域に保ちながら酸化還元電位を-600mvまで低下させ、水素量を1.6ppmの飽和まで増やすことに世界で初めて成功しています。
  • 水素水生成時間:5分
  • 水素濃度:1.6ppm
    アルミパウチの水素量は、0.8ppm〜1.1ppm程度と言われています。 1.6ppmの水素濃度は、アルミパウチと比べて1.5倍〜2倍の濃度となります。
  • 酸化還元電位:-600mv
    酸化還元電位とは、酸化させる力と還元させる力との差を表したものです。 プラスであれば酸化力が強く、マイナスであれば還元力が強いという事になります。 アキュエラ・ブルーで作る水素水は酸化還元電位が-600mvと非常に低いのです。
  • ランニングコスト:
    サーバー購入後のランニングコストも気になりますが、アキュエラ・ブルーはカートリッジなどの消耗品がないので、ランニング費用を心配する必要がありません。コストを気にせずに水素水を飲む事ができます。
  • 価格:306,720(税込み) ※送料無料
ウォーターサーバー

水素水おためし隊 最新情報

2013年11月17日お知らせ
水素水サーバの紹介」の掲載を開始いたしました。

このページの先頭へ